> 
折板屋根緑化システム

折板屋根緑化システム 緑地面積確保の“代替緑地”として注目。金属屋根の熱負荷ダウンで、省エネ効果も発揮

ビジネス視点での折板屋根緑化効果

緑地面積の確保

改正工場立地法では特定の業種・規模の場合、『一定面積の緑地確保』を満たすよう義務付けられており、この観点からも、近年、折板屋根緑化の導入は盛んです。工場屋根をはじめ、物流倉庫、商業施設、各種店舗、駐輪場・駐車場などで折板屋根緑化が積極的に導入されています。
屋根を緑化することで、敷地内での増設など限りある土地を有効活用することも可能です。緑地面積を確保するための“代替緑地”として、ぜひ折板屋根緑化をご検討ください。

事例緑地確保効果に最適な建物

省エネ対策

折板屋根緑化を行うことで、夏季は屋根への熱負荷が低減し、建物内への遮熱効果が期待できます。冬季は逆で緑化により保温が期待されるため、一年を通じて電力低減が見込め、省エネ化を推進できます。省エネの実現は、地球規模でみるとヒートアイランド現象の軽減、ひいては地球温暖化など環境問題への貢献へとつながります。

折板屋根 屋根裏温度の調査
  • 場所:沖縄県那覇市内
  • 計測日:2010年8月平均
  • 計測点:
    折板屋根、屋根裏、緑化あり部分、緑化なし部分
  • 最大温度差:3.8℃

事例省エネ対策に最適な建物

山崎産業の折板屋根緑化パネル ココがポイント!

POINT01超軽量

軽量素材で屋根にやさしい!厳しい屋根緑化の基準もクリア!

エコグリーマット基本システムの湿潤時重量は約36kg/㎡と超軽量のため、許容積載荷重厳しい制限もクリア。重量のある緑化資材と比べて、荷揚げの負担も少なくて済みます。

POINT02多彩な形状の屋根に対応

折板・金属・陸屋根まで幅広く緑化可能

工場や倉庫で主に使われている屋根は形状が多様なため、種類に応じた受け金具の設置が必要になります。山崎産業では、一般的な丸はぜ、角はぜに取り付けられるマルチ金具により、現場に応じた設置を行います。

POINT03高い耐風性

建築基準法の定める耐風性基準に対応した固定方法

風による飛散などの被害を避けるため、国の定める耐風基準に対応した固定方法を採用しています。

■試験機関:(一財)日本建築総合試験所
■固定力:6280N/㎡

※標準施工の場合

設計・施工のプロに選ばれる理由とは?

01屋根のたわみに配慮し、構造上安全な屋根緑化

屋根の形状に応じたハゼ金具を取り付けたうえで、ネット受け金具を設置、そのうえに緑化マットを置く土台となるワイヤーネットを取り付けることで、必要以上に屋根へ荷重がかかることを防ぐため構造上安心です。

また、現場が標準仕様の500ピッチハゼ以外の場合は、サイズに応じた特殊仕様にて対応します。

02システムパーツのセット化&軽量化で、簡単組み立て

システムパーツのセット化と軽量化により、簡単・スピーディーな組み立てを実現します。このため、工期も短縮でき、コスト削減にもつながります。

商品に関するお問い合わせ
商品の詳細についてのご質問、ご購入を希望される方はお問い合わせください。ショールームのご見学や施工に関するご相談もお受けします。

WEBフォームからのお問い合わせ

山崎産業株式会社 第三営業本部 環境デバイス事業部
大阪事務所 〒556-0001 大阪市浪速区下寺3丁目11番2号 TEL:06-6633-1873/FAX:06-6633-1893
東京事務所 〒136-0075 東京都江東区新砂1丁目13番5号 TEL:03-5677-3413/FAX:03-5677-3414

PAGETOP