> 
灌水システム

屋上緑化システムの灌水システム

点滴式灌水チューブ(ドリップ式)採用の灌水方式

屋上緑化で植物を生育するには水やりが特に重要です。しかし、面積が広くなると、人の力だけでは十分な散水は難しくなります。そこで必要となるのが、自動灌水システム。減圧機構を持つドリッパーを組み込んだ点滴チューブで、必要な水分を均一に行き渡らせることを可能としています。さらに、チューブには目詰まり防止機能があり、土中での使用が可能。耐候性・耐久性があり、風などの外的要因にも左右されにくいという特長を持っています。

クリックでイラストを拡大します

灌水系統図

灌水コントローラー 電磁弁ボックス 灌水ホース

クリックでイラストを拡大します

灌水コントローラー

灌水コントローラー
操作が簡単なAC/DC灌水コントローラーを取りそろえています。水やりのための電磁弁開閉をコントロール。散水手間を軽減し、毎日の水やりを自動化できます。

詳しくはこちら

電磁弁ボックス

電磁弁ボックス
コントローラーからの信号で電磁弁を開閉し水やりを制御。電磁弁ボックスを収納するボックスも取り揃えています。

詳しくはこちら

灌水ホース

灌水ホース
減圧機構を持つドリッパーで、均一に散水が可能です。チューブは目詰まり防止機能付。耐候性に優れ土中での使用や、長期使用が可能です。

詳しくはこちら

必要な水量(高麗芝の場合)

梅雨明けから9月下旬までの間は、特に十分な灌水を行ってください。
葉先が丸くなったら危険信号です。葉が黄色くなってしまったら水を与えて新芽が成長するまで待たなくてはなりません。緑の芝生に戻るまで時間がかかります。

芝生にとって散水は大変重要です。
夏場は夜間~早朝にかけて1日2回に分けて、たっぷりと水を与えてください。夏場の標準的な芝生の蒸散量は5リットル/m²です。散水した水すべてを芝生は吸収できません。散水ロスも考えて、たっぷりと散水してください。

500ピッチのドリップホース(吐出量2.3リットル毎時)の埋設灌水の場合、早朝、夜間各20~30分の灌水が必要です。

春、秋は2~3日おきに朝1回、冬は週に1~2回日中に灌水が必要です。

肥料について

マットには芝生に適した約2年間効果の持続する肥料が含まれています。その後は化学肥料は有機肥料を適時追加してください。
芝生以外の植栽を植えられた場合は適時生育に合わせて肥料を追肥ください。

■施肥管理
一般的な芝生用の化成肥料(10-10-10)を用いる場合は、春・夏・秋に20~30g/m²を目安に追肥を実施します。施肥量は肥料により異なりますので、使用方法をよく読んでお使いください。

屋上緑化事例集

商品に関するお問い合わせ
商品の詳細についてのご質問、ご購入を希望される方はお問い合わせください。ショールームのご見学や施工に関するご相談もお受けします。

WEBフォームからのお問い合わせ

山崎産業株式会社 第三営業本部 環境デバイス事業部
大阪事務所 〒556-0001 大阪市浪速区下寺3丁目11番2号 TEL:06-6633-1873/FAX:06-6633-1893
東京事務所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門5丁目10番12号 TEL:03-3432-4075/FAX:03-3432-5654

PAGETOP