> 
壁面緑化システム

折板屋根緑化システム 緑地面積確保の“代替緑地”として注目。金属屋根の熱負荷ダウンで、省エネ効果も発揮

ビジネス視点での壁面緑化効果

意匠性・ブランド力アップ!

壁面緑化の場合、屋上緑化と違い直接目にする機会が多いことから、建物のイメージ形成に寄与するほか、集いの演出にも一役買います。
特に最近は都市部の大型商業施設や複合施設など多くの人が集まる空間において、大規模な屋上緑化と壁面緑化を同時施工するケースが増加しています。

事例イメージ・ブランド力アップ効果が見込める建物

耐久性の維持!

緑の壁で建物を覆うため、直射日光や風雨から壁をガード。緑化が保護材として機能することで、建物自体の耐久性保持にも効果を発揮します。
これは経年劣化した建物にも当てはまり、壁面緑化により建物をカバーすることで、劣化スピードを少しでも抑制することが期待できます。

事例耐久性の維持が見込める建物

経済的メリット

壁面緑化により、建物内の室温低下が見込め、施工前に比べ、夏は涼しく、冬は暖かい状態が期待できます。この省エネ効果は経済面への影響が大きいことから、壁面緑化による大きなメリットの一つといえます。各種自治体による公共施設やオフィスビルへの導入も、経済面でのメリットを見越したものが少なくありません。

事例省エネ効果による経済的メリットが見込める建物

山崎産業の壁面緑化パネル ココがポイント!

POINT01メンテナンス性&安全性

手入れしやすく安全なシステムを実現

メンテナンス性と安全性を兼備した壁面緑化システムをご提案。
パネル組み立て方式だから、安全に施工でき、お手入れも簡単です。

POINT02簡単施工

パネル式でラクラク施工!季節に応じたイメージ変更も

パネルを組み合わせるだけの簡単施工がポイント。
成育した植物を設置すれば、完成時から緑被率100%の全面緑化を実現します。また、パネルごとに自由に植栽可能のため、デザインや美観重視の壁面緑化に最適です。

POINT03優れた耐風性

建築基準法の定める耐風性基準に対応した固定方法

金物、ボルトによる強固な固定方法により、建築基準法の定める耐風基準に対応しています。また、パネルは耐候材が配合されており、経年劣化に耐えられるように設計されています。

設計・施工のプロに選ばれる理由とは?

01施工場所・予算に応じて選べる新取り付けシステム

従来のLアングルと十字金具による設置方法とは別に、5050システム(パネル:4枚/㎡)と4545システム(パネル:5枚/㎡)を用いた設置方法をご提案いたします。
建物に設置したベース金具に、花卉用パネルを取り付けるだけの簡単施工のため、工期を圧迫しません。また、従来のパネルシステムと比べて比較的安価な点も特徴です。ご予算に応じてご検討ください。

02水やりの手間を必要としない自動灌水システム

パネルシステムでは自動灌水システムを採用。水やりの手間を軽減します。
特殊な二重構造によりパネル全体に必要な水分を均一に行き渡らせることができるほか、余分な水分は排水することで、根腐れを防ぎます。

03現場に合わせて製作! プランターシステム

意匠性にこだわったプランター緑化もエコグリーンマットにおまかせください。

下写真は、ZAM鋼板製プランターとエコグリーンマットの組み合わせにより非常にコンパクトな緑化基盤を構成した例です。
プランター緑化のネックは土の流出ですが、エコグリーンマットを使用することで、この問題もクリア。清潔な状態を維持できます。大きなプランターでは実現が難しい緑化もエコグリーマットなら安心です。

商品に関するお問い合わせ
商品の詳細についてのご質問、ご購入を希望される方はお問い合わせください。ショールームのご見学や施工に関するご相談もお受けします。

WEBフォームからのお問い合わせ

山崎産業株式会社 第三営業本部 環境デバイス事業部
大阪事務所 〒556-0001 大阪市浪速区下寺3丁目11番2号 TEL:06-6633-1873/FAX:06-6633-1893
東京事務所 〒136-0075 東京都江東区新砂1丁目13番5号 TEL:03-5677-3413/FAX:03-5677-3414

PAGETOP