> 
Q&A【屋上緑化】

Q&A

超軽量での屋上緑化を実現するエコグリーンマットをはじめ、
軽量土壌や灌水装置など、屋上緑化に必要な資材をご用意しています。

屋上緑化

Q1 屋上緑化で注意することはなんですか?

A1 建築物にかかる負荷です。荷重・防水・耐根の3つは特に注意が必要です。

建築基準法が定める荷重を守る

屋上では基本的に耐荷重が建築基準法にて定められており、人が立ち入れる屋上では地震荷重60㎏/m2以上、大梁荷重130㎏/m2以上、床荷重180㎏/m2以上とされています。屋上緑化を施工する場合、荷重の範囲内で屋上緑化を行う必要があります。 エコグリーンマットは超軽量のため、建築基準法の最も厳しい基準である60kg/m2以内で緑化が可能です。
エコグリーンマットによる緑化重量の詳細は当サイトの各ページに記載しています。

施工前・施工後で防水を万全な状態に

防水が施されている上に緑化する事が基本です。防水に不安がある場合、防水の手直し・補修も考慮する必要があります。

根の侵入による漏水を防ぐため、耐根シートの設置を

植物の根は大変強いものです。建築物にヒビがあった場合、そこから根が建築物に侵入し、漏水する事例もあります。
エコグリーンマットシステムでは建築物に根が侵入する事を防ぐために耐根シートを使用します。

PAGETOP

Q2 屋上を緑化する場合、なにか規制はありますか?

A2 規制はありませんが、荷重制限や管理規約を事前にご確認ください。

荷重・防水・排水などは十分な注意が必要です。マンションバルコニー緑化の場合、マンション管理規約により緑化できない場合がありますので一度お調べください。

PAGETOP

Q3 屋上緑化に対する補助金はありますか?

A3 各自治体が補助金(助成金)制度を設けています。

緑化により都市部などの環境改善を促すため、各自治体が屋上緑化補助金(助成金)制度を設置しています。
補助金の限度額、制度の対象となる条件は自治体により様々で、申請方法も異なります。 補助金の申請を検討されている場合は、施工前に各自治体にご相談ください。

PAGETOP

Q4 傾斜屋根の緑化は、どのくらいの傾斜(角度)までできますか?

A4 斜度10度以下の傾斜であれば対応可能です。

エコグリーンマットは特殊繊維構造で水平状態で水を9.5ℓ€/m2保持することができますが、水を含んだマットを傾けると水が流れ出ます。
灌水頻度を上げることで斜度10°以下の傾斜であれば対応可能ですが、基本は陸屋根が対象になります。

PAGETOP

Q5 中層の既存ビルで、防水層の改修を計画しています。
改修に伴い屋上緑化は可能ですか?

A5 可能です。軽量防水工法を採用しての改修をお勧めいたします。

防水層の改修方法としては、防水の押さえコンクリートをそのまま残し、その上に新たな防水層を設ける場合と、押さえコンクリートと古い防水層を撤去し、新たな防水層を設ける場合があります。
押さえコンクリートを撤去するしないにかかわらず、防水押さえのコンクリートを設けない軽量な防水工法が各種開発されています。緑化を行う場合、その分荷重が増すので、このような軽量防水工法を採用する方が良いでしょう。押さえコンクリートを撤去した場合、この重さ分(厚さ6cmで約120kg/m2)が利用可能な荷重にプラスされます。通常のビルで防水層の上に押さえコンクリートがある場合、その上部での積載荷重は60kg/m2で計画されていると考えられます。建築の設計者、施工店に確認し、建築物の構造上特に問題ない場合は、 この60kg/m2以内であれば緑化可能です。押さえコンクリートを撤去した場合、〔120kg/m2+60kg/m2 〕で180kg/m2程度までの緑化が可能です。

PAGETOP

Q6 マンションのルーフバルコニーを緑化できますか?

A6 可能です。フェンスの内側に土留めの立ち上がりを設置し、マットを敷きこみます。

マンションのルーフバルコニーを緑化する場合、基本的に屋上面を加工して固定する物は設置できません。また、ルーフバルコニーに人留めのフェンスがありますので、 その外側に設置することもできません。従って、フェンスの内側に土留めの立ち上がりを設置し、マットを敷きこみます。 狭くともマットの下には防根対策のシート等を設け、また、土留めの立ち上がりは必ず2mに2ヵ所以上の排水孔を設置します。

PAGETOP

Q7 風対策は必要ですか?

A7 必要です。屋上は地上に比べ強い風が吹いているので、
飛散の防止を考慮しなければいけません。

マットを耐根シートに固定することで飛散を防止することができ、固定方法は現場の状況により対応が可能です。風速や風の流れは建物の規模・形状・風向き・周辺の建物の状況によって様々に変化しますので、個々の建物に対して十分な検討が必要になります。 エコグリーンマットは耐風性を考慮した固定方法を採用しており、台風の多い地域のも導入されています。

PAGETOP

Q8 エコグリーンマット500の製品価格はいくらですか?

A8 エコグリーンマット500の設計価格は\9,800/m2(4枚)になります。

エコグリーンマットを使い陸屋根の屋上を100m2(10x10m)芝生緑化したときの設計価格(材量及び工事費込)は22,000/m2になります。この金額には見切材、荷揚費、諸経費などは含まれません。エコグリーンマットシステムの場合潅水設備設置を推奨します。設計価格には埋設潅水ホース、自動潅水タイマー(乾電池式)が含まれます。設計価格は概算となります。現場状況、植物の種類、緑地の形状などにより同じ面積でも工事費は変わります。
工事の場合には、ご要望に合わせて都度御見積りとなります。

PAGETOP

Q9 施工日数はどれくらいかかりますか?

A9 人工土壌併用システムの芝生緑化の場合、100m2基準で4人工×2日が基準になります。

施工方法は当Webサイトでご紹介しています。

PAGETOP

Q10 水やりはどの程度必要ですか?

A10 芝生の場合、施工直後は毎日約3~4週間は水やりが必要です。
その後は季節に応じて水を与えます。

芝生の場合、施工直後は毎日約3~4週間はたっぷりと水を与えてください。その後は季節に応じて水を与えます。夏場は毎日(5ℓ/m2)、春、秋は週に2日~3日、冬場は土が乾燥しないように週に1度程度与えてください。
面積が広い場合は、自動灌水システムの設置をお勧めします。

PAGETOP

Q11 TM-9ターフマットは注文後からどのくらいの期間で納品されますか?

A11 受注生産になりますので、都度納期確認が必要になります。

都度納期確認が必要になり、数量に関わらず運賃が発生します。
冬期は生産できないため在庫がなくなり次第、次年度になります。

PAGETOP

商品に関するお問い合わせ
商品の詳細についてのご質問、ご購入を希望される方はお問い合わせください。ショールームのご見学や施工に関するご相談もお受けします。

WEBフォームからのお問い合わせ

山崎産業株式会社 第三営業本部 環境デバイス事業部
大阪事務所 〒556-0001 大阪市浪速区下寺3丁目11番2号 TEL:06-6633-1873/FAX:06-6633-1893
東京事務所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門5丁目10番12号 TEL:03-3432-4075/FAX:03-3432-5654