> 
公共の立体駐車場壁面緑化

公共の立体駐車場壁面緑化

  • 納入年月:2019年1月
  • 都道府県:東京都
  • 施工範囲:プランター 56基(11種)

施設/公共施設壁面緑化

東京都三鷹市の公共の立体駐車場の壁面緑化です。

ZAM鋼板製プランターによる下垂型壁面緑化。

植栽は、ヘデラカナリエンシスにて。

自動潅水装置設置。

リザーブタンク・加圧ポンプ設置。

壁面緑化システムについてはこちら

公共の建物に隣接する立体駐車場の壁面緑化です。

限られたスペースの中に植栽をするケースです。

土壌を使ったプランターだと大きな容量が必要でコンパクトに収まりません。

エコグリーンマットシステムのプランターなら、それが可能となります。

潅水や排水の関係もあり、プランターは、水平を取らなければなりません。

立体駐車場は、自走式のもので、上下のフロアに移動するための傾斜道があります。

その場所への設置には、取付金物により段差をつけプランターを水平に設置する必要があります。(写真参照)

Lアングル(固定金具)と渡し板を用い、その上にプランターを設置します。

中には、土壌の代わりにエコグリーンマットを敷設します。

表層は、ノンマルチ(緑色のシート)となっています。

フェルトに開いた穴の中に植栽を行います。今回は、ヘデラカナリエンシスを使用。

プランターの上に、潅水用のホースを敷設します。

年間式コントローラにより、自動潅水とします。

植物が、成長するに従い、フェンスを下垂していきます。

ヘデラカナリエンシスは、時々誘引が必要となります。

メンテナンスは、水やり(自動)、除草(ノンマルチにより軽減)、施肥(適宜)、剪定などが必要となります。

植物は、環境に左右されますので、状況に応じた管理が必要とはなります。

AFTER 緑化導入後の経過について

半年が経過しました。

今年も、暑さが半端なく、熱中症で病院へ運ばれる方も大勢出ています。

植物も、人と同じ様に過酷な環境の中で頑張っています。

暑さでぐったりとダメージを持つこの時期にこそ、植物の鮮やかな緑が心を和ませてくれます。

風が入り、植物がそよぐと尚更、涼やかさも伝わってきます。

無機質な、空間よりやはり生き物 緑‼ があるのが嬉しいですね。

商品に関するお問い合わせ
商品の詳細についてのご質問、ご購入を希望される方はお問い合わせください。ショールームのご見学や施工に関するご相談もお受けします。

WEBフォームからのお問い合わせ

山崎産業株式会社 第三営業本部 環境デバイス事業部
大阪事務所 〒556-0001 大阪市浪速区下寺3丁目11番2号 TEL:06-6633-1873/FAX:06-6633-1893
東京事務所 〒136-0075 東京都江東区新砂1丁目13番5号 TEL:03-5677-3413/FAX:03-5677-3414

PAGETOP